Twitterfacebook pagemixi pageUSTREAM

_blog

2013年1月1日  松浦正樹

しんねん、しんにい


元旦に日記を書く。
年始めまるだしのフレッシュな気持ちを
隠せない。

大晦日といえばここ何年かは恒例で
しんにい夫妻をお迎えして
みんなでわいわい飲んで過ごさせてもらっている。
2012年はANATAKIKOUブレイン
ゆきちゃんの城、京都ミューズで
わんぱくにわいわいさせてもらった。
(内容はなかなか書きづらい。
ゆきちゃん、ありがとうです!☆ )

さて、元旦しょっぱな
ちょっとしんにいについて書きたい。 

しんにいこと橋口慎介さんはYeYeの一番上の兄であり
立派な競馬の調教助師さんであり
愛すべき天然さんである。
顔は男前で、でも嫌みがなく
どちらかと言えば懐かしいたいぷのハンサムさんだ。

三年くらい前にゆきちゃんの部屋で
意気投合して以来、妹のちゃんなつを飛び越えて
とても仲良くさせてもらっている。

とにかくハニモノキセヌしゃべりっプリと
裏表がないテンションと
何気なくいじってくるところが
抜群に愛くるしくて
会うと気持ちが明るくなる。

しんにいはありがたいながら
ANATAKIKOUを聞き込んでくれている。
『Release You!』 を作ったときは
作品の出来を褒めに、朝2時起きの生活の中
わざわざ栗東から大阪まで出向いてくれた。

おれの中でリリーを越えたわ
と言ってくれたときは内心泣きそうになった。 

芯の強さとまじめさが
目尻からにじみ出ているしんにい。
天然でナチュラルにちゃらいけど
厳しい世界で頑張っている尊敬すべき人。

今、しんにいは新た目標をたてて仕事に励んでいる。
僕もがんばらないとと背筋がのびる。

こういう人の存在は本当にありがたい。
これからも切磋琢磨、というか
ゆるりゆるりと飲み語りを続けさせてもらえたら
ほんとうにうれしい。 

これからもよろしくお願いいたします
の気持ちを込めて、最後に一首。

しんにいが
あの日渡してくれたのは
赤いにんじん
勇気のバトン 

 ちなみにしんにいの嫁、イカねえは
イカ踊りが得意で、恐ろしいほどの美人だ 。

元旦