Twitterfacebook pagemixi pageUSTREAM

_blog

2016年11月26日  松浦正樹

JANUS先行リリースワンマンライブ後記。


改めて11月18日のJANUSでの先行リリースワンマンライブ。
そもそも、この日のジャニススケジュールをあなたきこうブレインゆきちゃん、ジャニスみおちゃんにおさえてもらって、ここでリリースワンマンできるようにしよう!という目標を決めたのが今年の春前。

音源については、昨年夏、惜しまれながら閉店したフリーピープルにて、同級生森野くんとのベーシック(ドラム、ベース、バッキング的ギター)録音は済んでいたので、なので1年を経てのようやくなダビング作業を今年の夏を中心に励んでいた次第です。

録音やミックス作業はとても紆余曲折で色濃くかったのでまた後日書かせてもらいたく、、、とにかくメンバー、鬼才エンジニア原さん、MORG門垣さん、おもちのYeYe、みなさんのおかげで音源完成することができて、安堵感が半端ではなかったです。なにしろ5年ぶりのアルバムです。 

なので、18日、音源とTシャツをもって無事ジャニスにたどり着けたことがまずうれしかったです。音源もたいへんでしたが、ジャケットもTシャツもデザイナー橋口たかしと何度も打ち合わせての作業だったので、感慨もひとしお。途中、たかし先生に『わーー!!松浦さんと電話しすぎてるから作業すすまんやん!!』って発狂されて、僕も『おれとの電話、楽しいって言ってくれてたくせにー!!!』って倦怠期のカップルみたいになったりもしましたが、とにかくとにかく全てが“よかった”です。

そんな《とにかく祭り》の中、ライブにきてくださった愛しいお客さんがCD、Tシャツをたくさん買ってくれたので、もう最高ですよ。続けてきてよかったとはこのこと感がマックス状態です。(しかしながら、物販のでんでんまりちゃんに大変な思いをさせたのが申し訳ないかぎり、ほんとうにハード現場をしきってくれてありがとうございます!)

ワンマンライブも流れやメリハリ云々、すごくいいかんじでできた気がしてるし、それはジャニスのゆうじさん、みおちゃん、音響野口エロpさん、くらちゃん、照明リロちゃま、スタッフのみさなんがリハからすんごくいいムードで迎えてくれたおかげです。音楽は気持ちがかなりの成分を占めてるので、ほんとうにありがたかったです。

なつかしい曲も何曲かしたり、新曲も照れながらのわんわんにゃんにゃんワンマンライブ。最後のアンコールでの友達乱入はびっくりしましたが、乱入してくれたみんなをまるで予定していたかのように一人づつ紹介していった僕を、自分でえらいなと思いました。

前川サチコの『今日は私の誕生日に集まってくれてみんなありがとうー!』って小気味いいギャグに、あなたきこうもGLGの一部なんかあと心の中で思ったり、ぱぱぼっくすたるさんがステージでおばけの樽みたいに巨漢で踊るので、すんごい邪魔でしかもあたってくるからやっぱり悪夢みたいに邪魔で、途中でアゴに飛び膝入れたろうかなと思ったり、大野くんが端の方で亡霊みたいに立っててこわかったり、ベベチオはやんは謎のダンスとやけに気の利いたわかりくくおもしろいことを言ってたり、そんなみんなを勝手に誘い出した張本人はベベチオたいらだったり。

いやはや、乱入じゃなくてレモンの涙、PVの再現だったんですね。10年も一緒に歩んできた人たちです。みんなの手荒いエール、うれしきもかったです☆

初参加のゲストギター、谷尾くんもさすがカルマセーキ先輩であり軽音部部長、座りながらエレガットを弾く様が貫禄、みさもドラムがよりダイナミックになってるしコーラスもきらりだし、まぶやんの妖精フレーズも正真正銘で、みなぢは低音底力で支えてくれて、トミカの歌演奏、ステージでの映え方は自分が客席で見たかったくらいです。たいらちんのムードメイクはもう言わずもがな。

みんなみんなで、3.2.1.O、まる、輪っかを作ってくれて感謝しています。
12月の青山月見ル、1月のKYOTO MUSEがまだまだ楽しみです。
だいぶんととっちらかりましたが、みなさん、ほんとうにありがとうございます!!

音源流通のことなど、まだまだいろんなことが言いきれてないので、まだまだ書かせてもらいたいです☆