Twitterfacebook pagemixi pageUSTREAM

_blog

2011年5月6日  藤井寿光

無題

日記お久しぶりです。

遅くなったけどいけない十年愛ツアー初日、京都来てくれた皆さん、本当にありがとう!

当日、ベベチオのリハをぽつんと観ていて、僕らとベベチオと京都ミューズがいつも通りのような、昔に戻ったような、全然違うような、いろんな気持ちになりました。そして支え、応援してくれるみんなのおかげで此処にいるんだなあって。

数年前に同じ場所でベベチオ早瀬がお客さんと「愛してる!」て僕らにいってくれた瞬間を思い出したりして。

まだこれから名古屋や東阪ワンマン、いろんな場所でのライブが決まっていますが、しっかり準備してバンっ とできたらなと思います。 震災の影響で出荷が遅れていたアルバムきいちごもようやく手元に来ました。 また笑顔で、ライブで会える日を楽しみにしてます。 日々いろんな場所で音楽してて、発見と反省と喜びだらけです。


2011年4月22日  松浦正樹

ベベチオと京都ミューズと10周年。

今日はメモリアルすぎて、心のかたちがドーナツになりそうです。

まさかの10周年です。(企画バンドだったから)

ベベチオとアナタキコウブレインのゆきちゃんと同時に意気投合したのも、京都ミューズ。(の打ち上げか)

ニューTシャツも初披露だ!


2011年4月7日  松浦正樹

スペイン料理居酒屋三国EL NAGUE(エルナージ)

6月9日木曜日、スペイン料理居酒屋三国EL NAGUE(エルナージ)さんで、大阪では初めてのソロワンマンライブをすることになりました!しかも、ディナーショー形式!

とにかく雰囲気がすごく良くて、料理が全部美味しくてびっくりのお店です。三国にこんな名店があるなんて、、、 詳しくは松浦ソロライブページ(知ってた?)http://matsuuramasakisoro.blogspot.com/
または、http://el-nague.comをご覧ください。

ご予約は0663935105までお電話を。先着三十名様限定です!
マジカルな夜になります☆


2011年3月20日  松浦正樹

まとまりのない文章、今。

悲惨な事態です。
津波にのまれて亡くなった方の、その瞬間を想像しただけで、今自分が生きていることが不思議に思えます。
1日も早い復興をと祈るも、被災地の方は復興どころか日々を生き抜くこともままならず、未来をどう描いていこうかなんて今は到底考えられない状況だと思います。

ニュースで、被災された方が『命があるだけでよかった』と隣人や家族の方と手をとりあい、極限の幸いを分かち合う姿を見て、その尊さから、逆に勇気をもらってしまう自分が、とことん情けないです。

被災地で、未来の想像をやめている方、たくさんいらっしゃると思うんです。身内を亡くした方、安否を知らされない方なんて、今を生きることに必死で未来なんて照らせない、ぎりぎり今が照らされていることに、運命と奇跡をあてがわれているような、、、。

ごめんなさい。想像は大事だけど、気もおさまりません。被災地の方に言葉が見当たらないです。ささやかな募金計画とお見舞いを申し上げる気持ちで、自己中心的な僕は、日常を生きています。バカなことを友達としゃべって、気も紛れています。震災前から悩んでいることも、とても小さく思えてきたけど、より輪郭をましてやっぱり悩んでいたりもします。

こんなときに、僕たちの久しぶりのアルバムがリリースされました。
リリース予定が一週間遅ければ、延期になっていたかもしれません。延期ができないくらい、災害直後のリリースです。 全国発売ですが、東京でもお店が早く閉まってCDが買えなかったり、アマゾンでは品切れ入荷未定になっていたり、いろいろとお手数をすいません。

今回の重なりにどう気持ち折り合いをつけていいか、とても複雑な心境でいました。ただ、お客さんから作品の評価や気持ちが和らいだと、ツイッターなどからたくさんのありがたい感想をもらえて、ほんとにアルバム作ってよかったなあと。。

僕たちの音楽は直接的にガンバレとうたったものじゃないし、どちらかというと必要以上に変な気持ちにさせてしまう音楽だと思うけれど、気分を変えることはあるかと思います。

今、被災地の方に聴いてほしいなんておこがましい気持ちはまったくなくて、とにかくまずはアナタキコウの音源をずっと待っていてくれていた方に、音楽で安らいでもらえたらうれしいです。リリースを知らない方もたくさんいらっしゃるみたいで、よければみんなの一番いい機会にいつか聴いてもらえたらと。

そんな気持ちが芽生えだして、明日。
アナタキコウにとってなくてはならないキーボーディスト、学くんのバンド、“マンハッタン”のレコ発ライブがあります。アナタキコウも光栄ながら参加させてもらいます。(収益の一部が寄付されます。)
仙台に住んでいる次松と会えることを楽しみにしていたけど、生きてくれているだけでよかった。

とても素敵なイベント、マンハッタンと今を分かち合いたい。リリース直後、アナタキコウの不思議な元気を発したいです。みなさん、ご都合よろしかったらぜひです。

最後に、この大震災で亡くなった方々に心からお悔やみを申し上げます。 そして、これ以上の被害が起こらないよう、祈ります。

松浦正樹


2011年3月9日  松浦正樹

nanoなの。

7日のnano七周年&『きいちご』レコ発前夜祭、『繋祭り』イベント、とても楽しかったなあ。 初めてnanoさんでライブさせてもらいましたが、もぐらさんがされてるとは!その節はほんとにお世話になったのです。糖尿、改善されるといいなあ。 nanoさんはめちゃ演奏&歌いやすくてムードよくて素敵でした☆

今回は京都ミューズゆきちゃまの企画で、YeYeなっちゃんとツーマンでありながら、はまやん、ジャニスみおちゃん、べべたいらんどと、ゆきさだ一族揃ってのイベント。楽しくないわけがない。

Yeなつはいつもながらの透き通る声とめくるめく魅力の新曲で、圧巻でした◎胸きゅんだったのではないでしょうか? 僕もなみだという曲を歌わせてもらったけど、まるで自分に言われているような歌詞で、泣きそうになりました。いい曲nanoです。

逆に潮騒のままをなっちゃんに歌ってもらいました。素晴らしかったです。なっちゃんに歌ってもらって、あの曲が完成したように思います。夢がひとつ叶いました。

はまやんとのセッション、空気、間の読みあいが実は僕はすごく楽しくて、興奮していました☆はまやん、すごいね。人柄が音にでていて最高です。今や僕にとって大事な存在nanoです◎

最後のなっちゃんとのセッションは、ラッセンのパズルをヨーグルトに映し出したような、ストレンジワールドだったと思います(笑)一生懸命、テヲカエシナヲカエ、おかしな曲をデコレートしてくれました。ありがとう☆

改めて、墨絵のようにひとことひとこと、語尾のかすれやトーンを大事に意識してライブをさせてもらいました。BGMはニューアルバム先行試聴になりました。反応、気になりました(笑)みおちゃん、タイトル幕書いてくれてうれしかったです!!

名古屋や東京からもきてくださった人もいらして、感謝しきれないです。ワンマンチケット、たくさん買っていただきました、、、。 ほんとにみなさん、お祝いしてくれて、来てくださってありがとうございました!

松浦


2011年3月6日  松浦正樹

春はまだ

公開録音&アコースティックライブ、今日はほんとに温かく迎えてもらってうれしかったです。ほんとはもっとふさわしい方はいらっしゃっただろうに、アンニュイなアナタキコウを呼んでくれるなんて、なんて光栄、かつストレンジなんでしょう☆

未来に期待と不安がクレアラシルいっぱいな素敵生徒さんと一緒に番組とりくめて、見届けてくださったお客さんも先生も、ほんとにありがとうございました! 春がちらつくこの季節に、ああ、うれしかったです。

明日の京都nanoにて松浦ソロ&YeYe、ツーマンライブ。この気持ちを引き連れて、nanoさん七周年をお祝いしたいです。 5月27日ジャニスワンマンのチケットも販売しますので、ぜひです!

なっちゃん、はまやん、何をしでかしましょうか◎


2011年3月4日  松浦正樹

6日FM大阪『びび☆ラジ』放送芸術学院

6日日曜日、FM大阪『びび☆ラジ』放送芸術学院さんにお邪魔して、公開録音&アコースティックライブをさせていただきます。

藤井と二人、ソリッドな演奏を披露できたらと思っています。サイコロトーク、ニューアルバムのことも、存分に語りたいです。 無料ですし、ぜひ!

楽しみだなあ。うふふ。


2011年3月4日  松浦正樹

振り返り思えば。

いろんなことが落ちついたので、久しぶりにしっかり日記を書きたくて、どんぐり。

1月は大阪にて内緒で録音にいそしみ、2月は三回東京に行きました。ミックス、マスタリング、アー写撮影、打ち合わせ。そこに尾ひれがついて、月の半分を東京で過ごしたような感じです。

その間僕は天才シンガーソングライター、沢田ナオヤ宅にプードルのように居候を決め込みました。ぐるる。

底抜けに優しいナオヤから合い鍵をもらい、もはや東京別宅の許しを得た僕は、みうらじゅん氏が青春を過ごした高円寺にて、自分と向き合い、逃げ、ナオヤと人生についてプリティなまでに哲学をしていたように思います。

日本キューブの中に布団が2つ。深夜、館ひろしのプレステ版のように鋭い分析で絡んでくるナオヤに脅威を感じながらも、僕たちの会話はあの日確実に隣人に盗聴され、日本中のニートたちに大きな期待と不安を伝播したのではないかと想像します。

そうして気がつけば沢田ナオヤは、寒い寒い東京の冬を温かくしてくれていたのです。 曲も作りたかっただろうに僕に時間をくれて、堺のジャックスパロウ、沢田ナオヤ、ほんとうにありがとう。好きです。

そんな中、19日の大阪レコーディングライブは僕にとっては1日だけのトンボ返り。翌日にはまた東京にてマスタリングを控えてのちょっとハードな面持ちでしたが、まるで幻のような有意義イベントでした。

四時間、3曲のレコーディング風景を皆さんに観てもらいました。 メンバーは全員ボーカリスト。結局、フガシティ大野くんは楽器をもたかなかったですが、彼のハモリ録音やり直し事件は、恥部というか乳房、のように柔らかいカーブで僕たちを和ませくれました。 彼の人を惹きつける天才的、母性的なオーラと刹那的なまゆげ、竹藪の中に紛れ込んだヤマメのような涼しい観察力とやはりそのまゆげに、感謝と尊敬が溢れては消えそうでした。

特筆は元トルネード竜巻、現ぱいなっぷるくらぶ名嘉さんの歌心と声です。

多分あの甘くてせつない歌声はどう考えても日本の宝だと思います。リトルクリチャーズ新譜でゲスト参加のご活躍。ぱいなっぷるくらぶのホームページも素敵です。トルネード竜巻を知らない人はぜひ一度聴いてみてはいかがでしょうか?すごいですよ。

そして、このイベントの首謀者、ギュインズまえたつ氏。 美メロメイク、人生の楽しみ方、バイタリティ、息をのむ弁論で偉才際立ちまくるプロデューサー。

一時はイベントの雲行きがどうなるか不安もありましたが(笑)そこはまえたつ氏。ここぞのグンバツ仕切りで無事終わることができました。

誰も知らないの名嘉さんとのセッションは、実はリハの弾き語りがハイライトでした。素晴らしかったです。なんてせつない曲を作るのでしょう、まえたつ氏。

とにかく、長丁場を皆さん付き合ってくれて、大感謝だったのです!森野くんも、ほんとにありがとうでした!

深夜、802ガレージとFM大阪ジャングルのダブル出演はありがたくも修学旅行のような楽しさで、最後のみんなのおつかれさま!の合唱がすべてを物語っていたと思います。

ほんとに楽しくて、なんだかちょっと寂しくもありました。

つづく。(笑)長い!!!


2011年2月14日  松浦正樹

2月19日ムジカジャポニカ

録音やリリース、東京滞在と書きたいこと山積みなんですが、まずはこれです!

2月19日土曜日、ムジカジャポニカでレコーディングライブします!

みなさんの前で録音を見てもらいながら、その日に完成させた曲をCDRでプレゼントという、実験的かつケツアゴデオドラントな企画です!

繰り広げるメンバーは、首謀者のギュインズまえたつ氏、フガシティ大野くん、関西久しぶりのライブかな、トルネード竜巻名嘉さん、そして今回あなたきこうニューアルバムの全ボーカル&コーラスを録ってくれた映像学科同級生森野くん。 できあがっていく楽しさをみなさんと共有できたら、最高です。

楽しみすぎます、みなさん参加しにきてね!

写真はリーダーまえたつ氏のこだわり手間かかりまくり鍋。おいしかったあ。


2011年1月30日  松浦正樹

とうとうアナタとワタシ

今日の京都ミューズはほんとに楽しすぎる組み合わせだと思います。

蜜は超濃密な魅惑デュオングでお客さんをカブトムシにしてしまうだろうし、なつこ橋口は透き通る声と存在感でみなさんをめだかにしてしまうだろうし、復活後関西初登場!僕らのアニキ、クリンゴンに至っては出演者お客さん全員をあの日の少年少女にかえしてしまうでしょう。

アナタキコウは転校生の口笛と玉虫のように、みなさんといけない関係になりたいです☆

みなさんとスイカ割りをドリアンでやりたい気分です◎
発表の実、ドリアンナイト、きてくれるよね!